新着情報

ミツヒロの鳥害対策

ミツヒロの鳥害対策

鳥害から建物と人を守る効果的な対策

 

ミツヒロでは、ベランダに鳩よけネットを貼る価格は
コ形に張って高さ3メートル以内×横幅10メートルのサイズで、標準価格
¥30000円(税別)で施工する事が出来ます!

まず最初にお伝えしたいことがあります!!
よーく耳を傾けて聞いて下さい。
宜しくお願いします!!

鳥害対策は、まだやるな!!
もう一度申し上げますっ!

鳥害対策は、まだやるな!!
??
誤解されている見たいなので、もう一度
鳥害対策は、まだやるな!!

御社は、鳥害対策の会社なのでは??

そうです。弊社は、鳥害対策の会社ですが、
声を大にして伝えたいことは、

鳥害対策は、まだやるな!!!
と言うことです。

鳥害対策工事業者は、建築を知らない業者
安全を知らない業者があまりにも多すぎます。

建築士や、建築施工管理技士、そして、
外壁補修等、樹脂注入接着技能士等

まずは、資格を確認することから初めませんか?
鳥害対策の会社で、必要な最低限の資格は、

高所作業車技能講習修了
ロープ高所作業特別教育
この2つ位あれば、作業としてはできます。

そこでですが、本当に大丈夫ですか?
鳥害対策工事は、雑工事として片付けられることが
多く、工期も基本的には1週間以内
安全教育もたいして学んでいない状態での業者が
殆どです。

そして、建設業では事故や災害が一番多いのは、
現場に入って1週間以内ですっ!

そして、建設業で一番多いのは、墜落・転落災害です
鳥害対策は、8割以上高所作業です。
そして、
職長・安全衛生責任者14時間の教育を受けているから
大丈夫??

14時間で安全を理解出来るなら
やる方法をご指導頂きたいですね

悲しい事実を告発します。
鳥害業会で労災が起こった事を報告します。

営業マンが、現場調査の時
工場のスレート屋根に、そのまま乗り

墜落して死亡災害になりました。
営業マンが、屋上タラップから落下
これは、死傷災害になり退院後離職されました

営業マンが、ワイヤーフェンスの上から
落下、踵を粉砕骨折して、死傷災害

この3つの共通点は、
営業マンであること
安全知識の欠落してる事
高所からの墜落である事が解ります

工事では、ロープ高所作業中に
ボンドが固まる事に焦り
下降機を逆向けに取り付け
三階から一階まで、落下。
手で必死にロープを持ったため火傷で
労災にはなりませんでした。

同じくロープ高所作業で、
ロープの縛り直しを省略して、

一文字結びではなく、
簡易結びをして、ロープが外れて墜落
これは死傷災害になりました

夜勤で、脚立を使って仕事中
脚立から転落
これも死傷災害になりました。

この3つの共通点は
いずれの作業者も5年以上の経験者であった
慌てていたり、疲労していたこのような事が
該当します。

そして、交通事故
運転中に居眠りをして
トンネルの側面に激突

夜勤明けに車を運転していての横転事故

鳥害対策工事においては、労災が
余りにも軽んじられている傾向があります
そして、

KYもそうですが、RAとの違いを説明できますか?

社内にKYやRAを教えれる講師や
社外教育にて学んでいますか?

そして、
電気ショックを使う時もあります。
法律上は、電気ショックを設置するのに
電気工事士は、必要ありませんが

本当にお客様にとって大切な建物を
雑工事だからと言って、任せて大丈夫ですか?

まずは、業者の資格を確認してから、鳥害対策を
考えることをお勧めします。

物凄く危険な作業をしていることを
お客様は、勿論
工事業者も知らないことが殆どです。

まずは、目に見える資格を確認してから
鳥害対策を考えて選んで下さい。

宜しくお願い致します
他社では、弊社より安い価格で工事される
会社も沢山あります。

安全・人間力・技術を売るので
ミツヒロでは、一室張においては、
¥30000円(税別)で施工する事が
出来ます。それを高いと判断するか、安いと判断するか、決めるのは全てお客様であります。

そして、

フン害などによって建物の美観を損ねるだけでなく!健康まで脅かす鳥害!!放置すると、鳥が増加して被害は拡大する一方です!!!大変だーー!

皆様は、ご存知ですか?
建設物における大きな災害を・・・

ミネアポリス高速道路崩落事故を・・・
米中西部ミネソタ州ミネアポリスで起こった
生残な災害を・・・

ミネアポリス高速道路崩落事故は、ミネソタ州州都セントポールと、同州最大のミネアポリス間の、ミシシッピ川に架かっていた州間高速道路35W号線
ミシシッピ橋が崩落した災害で
2007年8月1日、今から11年前の夏の炎天下の中でアメリカでおこった、大災害であります
9名の尊い命が失われ
100人以上が負傷して
少なく見積もっても、60台の車が転落
行方不明者4名という、アメリカ史上に残る
大災害になってしまいました

AP通信は22日、米中西部ミネソタ州ミネアポリスの
橋崩落事故で、橋桁等にたまったハトのふんが
鉄骨を腐食させる危険性を、約20年前に検査官が指摘しており、崩落の原因となった可能性もあると伝えた
13人の死亡が確認された事故の原因は判明していないが、1967年に建造された橋は、2005年に連邦当局により「構造的問題がある」とされており、長期的な腐食などが崩落の引き金となったとの見方もある

APによると、87ー89年の検査官の報告書に「鉄骨がハトのふんに覆われており(橋の)内側にもだいぶたまっている」と記されており、96年には橋げたの一部を覆うなどの措置を取ったが、効果が上がらなかった。専門家によると、ハトのふんにはアンモニアと酸が含まれており、乾燥後、水と混ざると化学反応を
引き起こし、鉄を腐食させるという

引用「ニューヨーク22日共同」2007年8月23日10時03分  

鳥害対策は、その効果が一目でわかるだけに、効果の薄い対策でがっかりすることもしばしば。。。例えば、CDをぶら下げたけど効果がないとか
。。。ネットを張ったけど隙間から鳥が入ってくる。。。緑ネットを張る為に壁に穴を空けたら雨漏れした。。。外壁に水が周り剥離しての災害などなど

私達は建築の専門家としての長年の経験から、鳥害から建物と人を守る効果的な対策を行います。管理建築士・建築士・建築施工管理技士等による建築の専門家のいる鳥害対策の会社です

ミツヒロのこ・だ・わ・り!!

ミツヒロのこ・だ・わ・り!!

UR賃貸の内装工事から生まれた鳥害対策業者です

私達は、空き家のベランダにてハトがふんをし、URから依頼を受けて清掃しに行くのですが、また、一週間後には同じ部屋に清掃しに行く。居住者の方が入居する前日に、ハトふんを清掃しに行く等、そのいたちごっこの経験を体験し、なんとかお客様に貢献出来ないかと、長年ハトふんと戦ってきました。ある時は、手すりにテグスを取付けて、失敗して
ある時は、磁石を使って失敗して、ある時は、ピンを立てて失敗して、その多くの失敗の中で多くのハトふんから、お客様のお住まいのベランダを守れない方法を学習し、こうやって、ハトふん清掃をやりつづけることで、カビ爆弾を体内に吸い込み悲鳴をあげていることに、気づきました。ハトふん清掃をやり続けている皆様に朗報です。この作業を根本的に解決する方法は、ベランダにネットを貼ることしかないと学びました。
家と言うのは、家族の絆であり思い出の詰まった家・大切な人の暮らす場所の一部であるベランダを汚さないためにも我々一同、全力でご対応させていただきます。お客様が、綺麗に洗った洗濯物や、お布団がハトふんに汚されてたら、どう思いますか??私達だって人間なので、ハトふん清掃をすることには抵抗を感じます。しかし、一回清掃してネットを貼ることにより、お客様に貢献できるのであれば、頑張ることができます!ハトふんと無知で戦って、病気になるのか?見えにくいネットを張って健康・快適な生活を選ぶのかは?お客様次第であります。我々と共に問題を解決しませんか?

ミツヒロ主催の講習

株式会社ミツヒロでは、3つの階層と3つの種類に分けた講習を実施しています。『安全衛生』・『スキルとマインド』・『人間力』の3つを学ぶことにより、お客様の期待を超える仕事が出来るようになることが選ばれる人財になり、会社のための自分ではなく自分の為の会社になり、会社を通して自己実現できる人財になれることを目標とし、会社として社会貢献できる企業を創造していきます。

ミツヒロの伝説

株式会社ミツヒロでは、経営者になれる若者を育成し、教育に対して異常な位の投資をします。現在平成27年から4年間で1500万円程度投資し、ミツヒロに来た時間を体験+資格という形にて残していきます。 「専門知識」「人間力」「管理力」 この3本の矢を大切に とことん限界を越える教育を致します。 こんな偉大な若者にどんどん成長していきます。

ミツヒロ 選ばれし精鋭スタッフ

私達がお客様の未来にも責任持って施工致します
代表取締役
岡田太輔
  • 現場総括長
    石野 裕真
  • 鳥害事業部現場長
    田中 亮
  • 美装班 事業長
    平尾 幸裕
  • 管理部監督長
    加藤 直樹
  • 管理統括長
    塩屋 太志
  • iTeen西宮津門校 教室長
    上村 良太

Partners

  • 株式会社Xist
  • 株式会社ビスタネット
  • 日本鳥害対策センター株式会社
  • 株式会社浩生 -KOHKI-
  • 岡田設計
  • 株式会社クレバースリー
  • iTeen西宮津門校
Contact
鳥害対策の事なら
ミツヒロにお問い合わせください